京都ダート1200mの特徴|各クラス別勝ちタイムや活躍血統、成績上位騎手まとめ

当サイトではアフィリエイト広告を使用しています

京都競馬場

このページでは、京都ダート1200mのコースの特徴、各クラス別の勝ち時計の平均や活躍血統、成績上位騎手について解説しています。

京都ダート1200m戦コースの特徴

画像引用:JRA

集計期間は改修工事が終わってからのもので、まだ全体的にデータも少なく。

時計も血統も上位騎手成績も大きく変動することが考えられる点をご了承ください。

スポンサーリンク

京都ダート1200m各クラス別・馬場状態別平均勝ちタイム

クラスやや重不良
新馬戦1:13.31:12.6
未勝利戦1:12.91:12.71:12.81:13.6
1勝クラス1:12.31:12.41:12.31:11.5
2勝クラス1:11.71:12.2
3勝クラス1:10.81:11.3
オープン1:10.81:12.5
集計期間 2023.4.22~2024.4.1

京都ダート1200m戦の成績上位種牡馬

種牡馬名着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
ドレフォン5- 2- 2-23/3215.6%21.9%28.1%117%82%
シニスターミニスター4- 3- 3-23/3312.1%21.2%30.3%81%85%
ロードカナロア3- 6- 0-31/407.5%22.5%22.5%73%55%
アジアエクスプレス3- 4- 3-25/358.6%20.0%28.6%41%108%
エスポワールシチー3- 2- 2- 6/1323.1%38.5%53.8%96%217%
集計期間 2023.4.22~2024.4.1

エスポワールシチー産駒の複勝率が50%超えと優秀です。

昨年はJBCスプリントで兵庫県競馬のイグナイターが制したように、エスポワールシチーのダート短距離戦での活躍は一つ注目でしょう。

スポンサーリンク

京都ダート1200m戦の成績上位母父馬

種牡馬名着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
キングカメハメハ3- 1- 4-26/348.8%11.8%23.5%29%142%
フレンチデピュティ2- 6- 0- 8/1612.5%50.0%50.0%58%128%
サウスヴィグラス2- 3- 4-16/258.0%20.0%36.0%215%101%
ディープインパクト2- 2- 4-23/316.5%12.9%25.8%31%122%
マンハッタンカフェ2- 2- 1-13/1811.1%22.2%27.8%27%86%
集計期間 2023.4.22~2024.4.1

集計期間内で勝利度数2勝の馬が10頭もいる混戦状態。

裏を返せば、母父はある程度適性を考えずとも良いのではという見方もできます。

しかし、ダート血統馬であればいいに越したことはありません。

京都ダート1200m戦の成績上位騎手

騎手名着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
松山弘平6- 6- 4-18/3417.6%35.3%47.1%167%98%
田口貫太5- 4- 2-39/5010.0%18.0%22.0%33%111%
坂井瑠星4- 5- 3-16/2814.3%32.1%42.9%53%60%
岩田望来4- 1- 4-15/2416.7%20.8%37.5%79%93%
和田竜二4- 0- 4-34/429.5%9.5%19.0%91%78%
集計期間 2023.4.22~2024.4.1

成績断然は松山弘平騎手。

坂井瑠星騎手も複勝率は40%を超えています。

回収率と複勝率を考えれば和田竜二騎手がこの舞台での穴騎手であることが伺えます。

また、和田騎手は1800m、1900mといったスタミナ勝負になりやすい局面での活躍も目立ちます。

スポンサーリンク

京都ダート1200m戦の馬券のヒント

・今後もエスポワールシチー産駒の激走に期待
・母父は米国血統がベターも、あまり考えず
・松山弘平騎手の得意舞台
・穴騎手は和田竜二騎手、田口貫太騎手

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました