【予想に役立つ】小倉競馬芝1200m戦の特徴/馬場傾向/成績上位種牡馬/得意騎手

当サイトではアフィリエイト広告を使用しています

小倉競馬場
スポンサーリンク

このページでは、小倉芝1200mのコースの特徴、各クラス別の勝ち時計の平均や活躍血統、成績上位騎手について解説しています。

小倉芝1200m戦コースの特徴

画像引用:JRA

スタートは2コーナーの奥。

そこからしばらく下り坂を駆けながら3コーナーへと入るため、基本的には前傾ラップになり、下級条件であっても3F通過が33秒台になることもザラにあります。

十分に差しも決まる舞台ですが、後ろから行く馬にとっては4コーナーでどう捌くかがカギであまりにも大外からだと届かないことも。

また夏場の開催、特に開幕週から間もないと馬場が硬いことが多く、とてつもない速い時計になることで決着することもあります。

基本的には先行有利ですが、一雨があったり、開催自体が進んで内側が痛んでくると外差しがバンバン決まるようにもなるコース形態。

1番人気の3着内率も55%と低く、穴目で速い上りを使える馬の台頭を狙うことが勝利へのヒントになるでしょう。

◆枠順別成績

枠番成績勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1枠26-21-30-393/4705.5%10.0%16.4%107%68%
2枠24-35-26-398/4835.0%12.2%17.6%52%73%
3枠23-29-42-406/5004.6%10.4%18.8%54%71%
4枠24-37-24-433/5184.6%11.8%16.4%45%57%
5枠38-30-32-431/5317.2%12.8%18.8%93%72%
6枠29-42-42-428/5415.4%13.1%20.9%52%93%
7枠68-55-42-536/7019.7%17.5%23.5%102%109%
8枠55-38-49-577/7197.6%12.9%19.7%83%85%
集計期間:2021.1.16~2024.3.3

小倉芝1200m各クラス別・馬場状態別平均勝ちタイム

クラスやや重不良
新馬戦1:09.41:09.71:10.01:10.7
未勝利戦1:08.51:09.31:09.71:10.7
1勝クラス1:08.21:09.21:09.6
2勝クラス1:07.71:08.31:09.1
3勝クラス1:07.61:08.61:08.4
オープン1:08.61:08.41:10.8
集計期間:2021.1.16~2024.3.3

★重賞過去10年成績

レース名やや重不良
小倉2歳S1:08.41:08.91:10.0
北九州記念1:07.51:08.0

小倉芝1200m戦の成績上位種牡馬

成績勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
ロードカナロア33-29-15-231/30810.7%20.1%25.0%125%75%
ダイワメジャー22-14-14-146/19611.2%18.4%25.5%142%89%
ビッグアーサー12-10-9-87/11810.2%18.6%26.3%86%68%
モーリス8-7-7-95/1176.8%12.8%18.8%94%71%
キズナ7-5-5-94/1116.3%10.8%15.3%36%51%
集計期間:2021.1.16~2024.3.3

集計期間内ではロードカナロア産駒がトップ。

重賞の北九州記念では、ボンボヤージがかつて大穴を演出。

CBC賞が小倉で行われた際にはファストフォースが当時のレコードを更新と適性の高い舞台と言えます。

ダイワメジャー産駒は、種牡馬のみならず母父成績も優秀。

サンデー系の中でも短距離指向の強い種牡馬ではありますが、この小倉の1200mの舞台も適性の高い舞台と言えます。

他はローカル短距離芝では活躍のサクラバクシンオーの系譜であるビッグアーサー。

モーリス産駒、キズナ産駒と続いていきます。

また、なかなかお目にかかれませんが、トーセンラー産駒の成績も優秀。

種牡馬成績勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
トーセンラー6-3-5-24/3815.8%23.7%36.8%137%146%
集計期間:2021.1.16~2024.3.3

前傾ラップに耐えうるタフさを産駒に伝えているのかなと考察しています。

小倉芝1200m戦の成績上位母父馬

成績勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
ディープインパクト13-13-11-134/1717.6%15.2%21.6%132%65%
キングカメハメハ12-12-11-134/1697.1%14.2%20.7%96%100%
ダイワメジャー11-10-6-75/10210.8%20.6%26.5%89%89%
クロフネ11-4-9-92/1169.5%12.9%20.7%151%86%
サクラバクシンオー10-9-7-102/1287.8%14.8%20.3%97%80%
集計期間:2021.1.16~2024.3.3

上位混戦で、種牡馬成績や血統構成全体を重視したいところ。

キングマンボ系の血統を持つ馬の好走には注目したいところです。

種牡馬成績の項目でも挙げましたが、ダイワメジャーの血を持つ馬はこの舞台への適性が高いことが多く、サクラバクシンオーもビッグアーサーを経由して同様のことが言えます。

小倉芝1200m戦の成績上位騎手

騎手成績勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
西村淳也18-5-11-112/14612.3%15.8%23.3%93%76%
松山弘平16-9-5-62/9217.4%27.2%32.6%94%68%
幸英明15-10-13-104/14210.6%17.6%26.8%178%96%
松若風馬13-1-5-79/9813.3%14.3%19.4%154%62%
鮫島克駿12-16-8-86/1229.8%23.0%29.5%138%96%
集計期間:2021.1.16~2024.3.3

数では西村淳也騎手ですが、安定度であれば松山弘平騎手の方が上かなという印象になります。

また、この上位トップ5には記載がありませんが、集計期間内では川田将雅騎手の成績がお化け。

騎手成績勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
川田将雅10-4-2-8/2441.7%58.3%66.7%166%112%
集計期間:2021.1.16~2024.3.3

夏場は中京で騎乗することの多い川田騎手ですが、小倉騎乗の際も要注目です。

小倉芝1200m戦の馬券のヒント

・基本的に前傾ラップで先行争いは熾烈
・開催後半は外差し傾向が強め
・ロードカナロア産駒の得意舞台
・種牡馬&母父ともにダイワメジャー持ちが好成績
・安定度なら松山弘平騎手

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました