【予想に役立つ】小倉競馬1800m戦の特徴/馬場傾向/成績上位種牡馬/得意騎手

当サイトではアフィリエイト広告を使用しています

小倉競馬場
スポンサーリンク

このページでは、小倉競馬1800mのコースの特徴、各クラス別の勝ち時計の平均や活躍血統、成績上位騎手について解説しています。

小倉競馬1800m戦コースの特徴

画像引用:JRA

スタンド前右手からのスタートで1コーナーまでは272m。

1コーナーまでの距離が短いものの、2コーナーまでは緩やかに上り坂ということもあり、極端なハイラップになることもスローになることも少ないコースです。

馬場が良いときは圧倒的に内枠有利であるものの、馬場に水を含んだり、また開催が進んで内側が荒れてくると確実に外が有利になります。

特にBコース使用になっただけでも外枠馬の成績が向上するので、その点で見れば比較的馬場が読みやすいコースとも言えるかもしれません。

◆枠順別成績

枠順成績勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1枠15-17-14-192/2386.3%13.4%19.3%86%55%
2枠19-15-15-201/2507.6%13.6%19.6%65%54%
3枠21-19-16-212/2687.8%14.9%20.9%58%46%
4枠12-26-28-220/2864.2%13.3%23.1%26%71%
5枠28-15-22-235/3009.3%14.3%21.7%58%52%
6枠26-31-26-229/3128.3%18.3%26.6%77%74%
7枠30-27-22-250/3299.1%17.3%24.0%69%76%
8枠23-24-32-249/3287.0%14.3%24.1%159%89%
集計期間:2021.1.16~2024.3.3

小倉競馬1800m各クラス別・馬場状態別平均勝ちタイム

クラスやや重不良
新馬戦1:49.71:51.41:52.4
未勝利戦1:48.21:49.61:50.5
1勝クラス1:47.11:49.41:49.71:52.2
2勝クラス1:47.41:49.11:47.7
3勝クラス1:46.71:47.81:47.3
オープン1:45.9
集計期間:2021.1.16~2024.3.3

★重賞過去10年成績

レース名やや重不良
小倉大賞典1:46.31:49.21:49.0

小倉競馬1800m戦の成績上位種牡馬

種牡馬成績勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
ディープインパクト17-14-10-85/12613.5%24.6%32.5%81%64%
ドゥラメンテ12-9-11-55/8713.8%24.1%36.8%71%121%
エピファネイア11-11-10-69/10110.9%21.8%31.7%39%80%
モーリス11-7-5-68/9112.1%19.8%25.3%62%54%
キタサンブラック10-3-1-23/3727.0%35.1%37.8%196%69%
集計期間:2021.1.16~2024.3.3

スタンダードに現在の日本芝への適性が高い種牡馬産駒の成績が優秀です。

これは夏の小倉の芝が硬いことで時計が出やすいことと、冬の小倉でも馬場の質を維持する技術が向上し水準の時計が出るようになっているからということが考えられます。

ディープインパクト産駒はもう出てこないので、今後台頭する種牡馬を探していきたいところで、注目したいのはキタサンブラック産駒でしょう。

小倉競馬1800m戦の成績上位母父馬

種牡馬成績勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
ディープインパクト14-15-11-113/1539.2%19.0%26.1%37%64%
キングカメハメハ10-3-10-93/1168.6%11.2%19.8%165%63%
アグネスタキオン5-10-4-56/756.7%20.0%25.3%48%74%
Unbridled’s Song5-1-4-6/1631.3%37.5%62.5%183%119%
Harlan’s Holiday5-1-3-2/1145.5%54.5%81.8%830%213%
集計期間:2021.1.16~2024.3.3

上位混戦も母父成績もディープインパクトが優秀。

他はキングカメハメハとアグネスタキオンが続きます。

また、種牡馬側の色を出しやすいUnbridled’s Songは好成績でこのコースとの相性は良く。

一方で、Harlan’s Holidayは、アリーヴォとハーランズハーツの2頭のみが好成績を残しているので、全体をして適性が高いとは言い切れず。

小倉競馬1800m戦の成績上位騎手

騎手成績勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
西村淳也14-12-12-60/9814.3%26.5%38.8%141%106%
川田将雅9-8-4-7/2832.1%60.7%75.0%72%96%
吉田隼人9-7-3-41/6015.0%26.7%31.7%80%63%
鮫島克駿7-6-11-46/7010.0%18.6%34.3%198%79%
藤岡佑介7-1-4-30/4216.7%19.0%28.6%278%88%
集計期間:2021.1.16~2024.3.3

トップを行くのは西村淳也騎手。

勝利数もさることながら、回収率も高い数字を近年残しています。

驚異的なのは川田騎手。芝の1200m戦でもとてつもない3着内率を残しています。馬券の軸として。

他、特筆すべきで言うと藤岡佑介騎手は外差し得意でこの数字は納得。

今後も安定しそうです。

小倉競馬1800m戦の馬券のヒント

・開催進むと外有利が顕著に
・開幕直後は時計が出るので、ディープインパクト持ちが優秀
・今後注目はキタサンブラック持ち
・川田騎手の成績が驚異的
・藤岡佑介騎手は開催が進んだ外枠でこそ

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました