【まとめ記事】東京競馬場で強い血統|馬場傾向|クラス別タイム|上位騎手について

当サイトではアフィリエイト広告を使用しています

コース分析

この記事では、東京競馬場のコースと相性の良い血統やコース傾向、クラス別勝ちタイムや、成績上位騎手について、舞台別にまとめた記事になります。

ブログカードをクリックしていただけますと、より詳細をご覧いただけますので、ぜひご利用下さい。

東京競馬場コース概要

東京競馬場は、東京都府中市に位置し、1933年に建設された日本最大の競馬場です。

競馬場には芝、ダート、障害の3種類のコースがあり、競馬場全体で多くの主要なレースが開催されています。

一周における距離について芝コースは、

・Aコース 2083m
・Bコース 2102m
・Cコース 2121m
・Dコース 2140m

と柵の設置位置により走行距離に僅かな変化が出ています。

また、ダートコースは一周1899m。

障害コースは一周1675mとなっています。

スポンサーリンク

東京ダート1300m

・枠の差はそこまでない
・血統面ではヘニーヒューズ産駒は安定。
・ダノンレジェンド、アジアエクスプレス産駒が今後注目
・母父はキンカメ含めダートをこなせるサンデー系から
・戸崎、内田博両騎手の元大井組の成績良好

東京ダート1400m

・長い直線も基本的に先行有利
・1300m同様ヘニーヒューズ産駒安定
・ロードカナロア産駒もダートながら成績良好
・穴はキンシャサノキセキ産駒
・戸崎騎手も上位もお買い得は三浦騎手

東京ダート1600m

・芝スタートで外枠有利
・1300、1400に続き種牡馬はヘニーヒューズがトップ
・次点でロードカナロア産駒
・母父キングカメハメハもよく走る(複勝率高)
・上位騎手では横山武史騎手がお買い得

東京ダート2100m

・枠差はそこまで無し
・種牡馬成績はキングカメハメハが断然
・今後やキズナ、キタサンブラック産駒に注目
・母父クロフネ持ちも好成績
・ルメール騎手の勝ち星数目立つ

東京芝1400m

・基本的に枠順による有利不利はない
・直線は長くも、先行有利
・種牡馬はロードカナロアがアツい
・父も母父もダイワメジャーの名を連ねる
・騎乗数から見て、戸崎騎手の複勝回収率が優秀

東京芝1600m

・外枠の成績良好
・注目すべきはエピファネイア産駒
・6歳以降の成績が下降傾向
・母父ディープインパクトも適性の高い舞台
・ルメール騎手を筆頭に騎手成績は春のレーン祭り

東京芝1800m

・前走上がり3F1位馬の複勝率が高い
・勝率ベースでは内有利も、複勝率では枠差はなし
・ディープインパクト産駒がこれから減るので、種牡馬傾向は戦国時代へ
・父モーリス×ディープインパクト&キンカメが注目血統
・春のレーン祭りの舞台の一つ

東京芝2000m

・勝率では1枠断然
・エピファネイア、キズナ産駒の時代到来か
・母父にはバラつきあり、しかしディープ&キンカメは安定しそう
・ルメール騎手複勝率60%超え。
・石橋脩騎手の得意舞台
穴で。

東京芝2400m

・極端な枠差はなし
・8枠は頭数によるところ。多頭数でなければ数字も悪くなく
・種牡馬は今後戦国時代へ
・母父ディープ&キンカメを中心に。クロフネも優秀
・ルメール騎手の庭

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました